Q&A

① 滋慶医療科学大学院大学というのはどのような大学ですか。

 「医療の質と安全の向上」を目指して、「医療安全管理学」を専攻とする修士課程を創設し、平成23(2011)年4月に開学しました。医療安全を専門的に学ぶ大学院はわが国で初めてのことです。医療安全管理学はこれまでにない、新しい学問領域・学問体系を確立するもので、医療界を中心に関連分野や企業など各方面から注目されています。
 この大学院大学は、大阪医療技術学園、大阪ハイテクノロジー、大阪保健福祉、大阪医療福祉などの専門学校を運営している「学校法人大阪滋慶学園」が母体となっています。同学園は看護師、臨床工学技士、臨床検査技師、理学・作業療法士、診療情報管理士など医療職や介護・福祉関連の人材を育成しています。30年以上にわたる実践的職業教育(実学・人間・国際教育)の実績を基に、さらなる高度な医療専門人材を育成するために大学院大学を設立いたしました。医療界で課題となっている『医療安全』『チーム医療』に焦点を当てて、多職種連携による『医療安全を実践するリーダー人材』を育てています。



② 何を目的に、どのようなことを学ぶのですか。

 「医療の質を高める」というのは、「医療の安全を確保する」ということです。これによって、「患者さんの安全を守り、安心して治療を受け、療養できる環境を整える」ことが最大の目的となります。
 このためには、医療全般についての幅広い知識が必要となります。授業では医療倫理学、医療情報学、医療セーフティマネジメント学、医療リスクマネジメント学、人間工学、専門職連携実践論、患者参加論などが必須科目となります。
 それに、安全心理学、ストレスマネジメント学、社会福祉学、経済学、医事法学、看護キャリアマネジメント学、医薬品安全管理学など30科目からの選択制となっています。

 医療事故、エラーの大半は人為的誤りによるものです。人は誤りを犯すものですが、どうしたら誤りを少なくすることができるか。また、起きてしまった事故の被害をいかに小さくし、かつ患者さんのケアを行うとともに、次の事故を予防できるか。本学ではあらゆる角度から学ぶとともに、教員と学生が一緒になって研究を重ねています。さらに、本学では「医療安全に係わるリーダー人材の育成」をミッションとしています。病院など医療現場や専門学校・大学など教育現場における医療安全のエキスパート、スペシャリストの育成を目指しており、「医療安全は人づくり」から始まる、と考えています。



③ なぜ、そのように幅広く学ぶ必要があるのですか。

 近年、医療は技術的進歩が急速に進むとともに、複雑・高度化しています。患者さんの診断・治療に当たっては、医師、薬剤師、看護師、臨床工学技士、臨床検査技師、医療事務職など専門の異なる職種間の連携・協力体制が不可欠になっています。
 いわゆる“チーム医療”ですが、医療安全を実践していくためには、専門職としての縦割りのみならず、職種を越えての横断的(学際的)な幅広い知識とスキルが必要となります。職種間の相互理解があってこそ、円滑な協力体制(チーム医療)が築けます。そのうえで、医療安全管理者としてリーダーシップを発揮する人材が求められています。チーム医療、多職種連携を進めていくうえで「分業から協業へ」の移行が、現代医療の潮流となっています。

 
  

④ 医療安全管理学とはどのような学問ですか。

 医療管理学研究科は、医療安全管理学分野と医療経営管理学分野とに分かれます。医療安全管理学分野は医療事故やエラーを未然に防ぎ、安全な医療を提供するためにはどうしたらよいか、事例に基づき問題点や要因を分析・抽出します。これを“医療セーフティマネジメント”と呼んでいます。一方、医療過誤・事故、医療紛争・訴訟など、万が一の事故対応に備える“医療リスクマネジメント”を併せて学びます。地震・災害など予測不能なことに対応することも大事になっています。
 医療経営管理学分野は、医療機関の財務・会計や経営組織論、医療経営管理学などを学びます。「医療の安全と経営のバランス」は不可欠なことです。
 いずれも、管理学の名のとおり、いろんな意味での“マネジメント力”を備えることが重要です。ノンテクニカルスキルと言われる“コミュニケーション能力”を備えた人材こそがリーダーシップを発揮できると考えています。

   

⑤ 教員はどのような方々ですか。

 学長の武田は大阪大学医学部の出身(医師・医学博士)です。武田は、大阪大学の教授時代に阪大病院の医療情報部長、中央クオリティマネジメント部長の要職に就いて、国立大学病院医療安全管理協議会の会長を務めるなど、医療安全とともに歩んできました。現在、医療の質・安全学会の理事を務め、海外の学会とも親交が深く、国内外の最新医療の動向をキャッチしています。
 教員は教授10名、准教授6名、助教1名による専任教員が17名、それに特任教授4名を合わせて21名の体制です。専門分野は医学、看護学、保健学、人間科学、人間福祉学、工学、経営学と多岐にわたる分野の博士を揃えています。経験豊かで実績を積んだプロフェッショナル教員とエネルギッシュな若手教員が“情熱”を燃やして、マンツーマンに近い形で指導にあたります。



⑥ どのような方が学ばれているのですか。

 平成29年4月に入学された大学院生が7期生となります。1期生から7期生まで合わせて、医師、看護師、助産師、薬剤師、臨床工学技士、診療放射線技師、臨床検査技師、診療情報管理士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸師、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、視能訓練士、言語聴覚士、病院事務職、医療関連企業営業職、専門学校教員、医療系学部卒、というようにさまざまな職種の方が学ばれています。
 教員も大学院生も多種多様な分野から、第一線で活躍している人々が集まっています。『異種混合~異種融和』と言っても良いでしょう。融和の中から新しいものが生まれます。これが本学の特徴のひとつでもあります。院生へのアンケート調査では「多くの職種の人々とともに学んで、良い刺激を受けました」「専門の異なる教員によって、医療安全の視野、見識が広がりました」「チーム医療の実践トレーニングをしているようです」などと回答されています。



⑦ なぜ、夜間コースなのですか。

 院生の大半は病院、福祉・介護施設、学校など、日中に勤務されている方々ですので、授業は夜間が中心となります。授業は火曜日から金曜日までが午後6時15分から9時25分まで(5―6時限)、土曜日は午前10時30分から午後5時50分まで(1―4時限)となっています。日曜日と月曜日が休みです。
 この中で、院生は勤務状況など都合・事情に合わせて履修科目を選択し、週に3―4日ほど学ぶことで修士に必要な単位を取得できます。新大阪駅から徒歩1分の近さに立地していますので、京阪神からの通学に便利です。



⑧ 2年間学んで修士を取得すれば、どのような道が開けますか。

 今春(平成29年3月)に5期生が卒業しました。1期生から5期生までを合わせると、99名の「医療安全管理学の修士」が誕生したわけです。2年間の学びの苦労は並大抵ではありませんが、それだけに「やり遂げた達成感が自信となりました」「医療現場で即、実践できます」「職位が上がって、職場リーダーとして責任感がでてきました」「次のステップ・アップとなります」「転職の武器に使います」などの報告を、修了生からいただいています。
 2年間の学びによって、修了後は病院の臨床現場(医療安全部門など)や事務管理部門、あるいは医療関連企業の研究・開発・生産・品質管理部門などでの「管理者」「リーダー」にふさわしい素養を身に付けたものと判断されます。また、大学、医療系専門学校の教員など医療教育の指導者、研究機関やシンクタンクでの研究員、コンサルタントなどとしての活躍も想定できます。
 さらには、本学で修士号を取得した後、他大学の大学院博士後期課程に進学する道もあります。



⑨ 受験資格と定員はどうなっていますか。

 基本的には4年制大学を卒業した方が受験資格を有しています。また、専門学校や短大を卒業して、通算3年以上の実務経験があり、「大卒と同等の能力を有する」と本学が個別に認定した方も受験が可能となる個別の出願資格審査を設けており、大卒以外の方にも門戸を開いています。約半数の方が個別資格審査で入学されています。
 募集定員は24名で、一般選抜と社会人選抜とで、入学試験を行っています。試験科目は、一般選抜が英語、小論文、面接、社会人選抜は小論文と面接です。それに加えて、「入学後に行いたい研究内容」などの書類を提出していただきます。