平成29年度認定看護管理者に修了生が合格!~「要件4」で5人目~

本学修了生の前 久栄さん(5期生)が平成29年度認定看護管理者の認定審査に合格しました。
これまでに修了生5名が認定審査に「要件4」で申請し、筆記試験にも合格して認定看護管理者として認定されました。

本学は「要件4:看護師長以上で3年以上の管理経験があり、大学院において管理関連の修士号を取得」に該当することが認められています。看護師としての経歴を満たしている方は、本学での学修と看護管理に関連する修士論文研究によって、修了後に認定看護管理者の認定審査(書類審査)を受けることが可能で、筆記試験に合格すれば、認定看護管理者の資格を認定されます。

本学修了後に認定看護管理者の取得を目指す方々には、教職員一同合格に向けて精一杯のサポートをさせていただきます。
ぜひ、チャレンジしてください。

<合格者からのメッセージ>
前さん写真(認定看護) 200x212 平成29年度認定看護管理者に修了生が合格!~「要件4」で5人目~ 医療法人ガラシア会 ガラシア病院 看護師 前 久栄さん(5期生)

当大学院修了により認定看護管理者受験資格があると知り、修士論文と戦いながらトライしました。
受験対策は以下のように行いました。

①土屋教授の試験対策講義を受け、学習計画を立案しました。
②出勤前1時間とゴールデンウィークに集中学習時間をとりました。
③選択問題は、対策講座に沿って準備しました。
④論述問題は、予想テーマを考え、テーマごとに取り入れたいキーワー               ドをあげ、文章構成を考えました。

結果、論述問題は過去問題と傾向が異なり驚愕しましたが、看護部長と日々管理的視点で話合ったことが役に立ち、記述することができました。
日々のニュースから組織のリーダーとして自分だったらどう行動するかを考え、また行動後にリフレクションすることが記憶の定着につながり、合格できたと実感しています。

ニュース