第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表

平成29年11月25日(土)・26日(日)の2日間、幕張メッセ国際会議場にて、第12回医療の質・安全学会学術集会が開催されました。大会テーマは「医療の質と安全を支えるコミュニケーション」で、一般社団法人日本病院薬剤師会副会長 国際医療福祉大学薬学部特任教授の土屋文人先生が大会長を務められました。

大会2日目の26日には、本学の武田裕学長の企画によるパネルディスカッション「院内データを活用した総合病院機能評価の具体化に向けて」が行われました。パネリストとして、公益財団法人 日本医療機能評価機構理事であり九州大学病院医療安全管理部部長・教授の後信先生、聖路加国際病院院長の福井次矢先生、東京大学大学院医学研究科 医療品質評価学講座の一原直昭先生、そして本学准教授の飛田伊都子先生が発表されました。

23915903 1486440734766811 1638849026836115597 n1 e1513844510760 第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表

このパネルディスカッションでは、昨年に引き続き医療施設が保有するビッグデータを機能評価として利活用できるかの実現可能性について議論が交わされました。日曜日の朝早いセッションでしたが、満席状態で多くの立見が出るほど盛況でした。

この他本学からは、パネルディスカッション1件、一般口演4件、ポスター発表9件の発表が行われました。

 第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表  第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表  第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表

会場には多くの修了生や院生が参加しており、互いの研究の進捗状況を報告しあう交流の場になっていました。

IMG 2779 200x149 第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表 IMG 2780 200x149 第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表 IMG 2783 e1513731991774 200x267 第12回 医療の質・安全学会学術集会にて本学の教員および修了生・在校生が発表

本学では、修了後も研究生として所属することができ、研究を継続できる仕組みがあります。
今回の学会でも修了生による多くの研究報告が行われ、それぞれの施設での活動が実を結んでいることを実感しました。
修了生の今後の活躍にも期待しています。

ニュース