本学研究生が世界看護科学学会にて修士論文の一部を発表 (タイ・バンコク)

2017年10月20日から22日にタイのバンコクにおいて、“The Thailand Nursing and Midwifery Council (TNMC) & the World Academy of nursing Science (WANS) International Nursing Research Conference(INRC)” が開催され、本学研究生の山田利惠さん(3期生)と佐々木雅子さん、髙野佳子さん(ともに5期生)が修士論文の一部をポスター発表しました。

バンコク① e1514369818606 本学研究生が世界看護科学学会にて修士論文の一部を発表 (タイ・バンコク)

学会会場での本学関係者
(背面左より山田利惠氏、志摩久美子氏、森脇康子氏、飛田伊都子准教授、岡崎正之研究科長、
前面左より桐本隆弘氏、髙野佳子氏、佐々木雅子氏、)

 

今回の世界看護科学学会は、“Culture, Co-Creation, and Collaboration for Global Health(世界的健康に向けた文化、共同的創造、そしてコラボレーション)” をテーマに開催されました。14の国と地域から910名の参加者が集まり、健康領域に関する課題について看護の側面から国際的に議論が交わされました。
本学からは、山田さんが “The differences between degrees of adherence to safety procedures in infusion: Analysis of the differences in clinical experience among Japanese nurses”、
佐々木さんが “The reacquisition of autonomous dental care of elderly people with dementia: An experimental trial at a rehabilitation ward”、
髙野さんが “Evaluation of the educational methods for transfer assistance technique, and subjective evaluation of caregivers and care recipients”
というテーマで発表しました。

バンコク② 300x224 本学研究生が世界看護科学学会にて修士論文の一部を発表 (タイ・バンコク)山田さんは、「INRC参加の一番の感想は、『修士で行った研究が国を超えて興味を持ってもらえた内容であったこと』です。ひとつ自信を持てたことが一番の感想です。いつも支えて下さり、またこのような機会を与えてくださった指導教員の飛田先生、飛田研究室の先輩や仲間に心より感謝したいと思います。
国際学会では、会場の設営方法、写真やイラストが多いポスターやパワーポイントなど、見るものすべてが新鮮で刺激的でした。今回のINRCの発表は、2013年のICNに参加させて頂いた当時は全く想像できなかった現実です。今は、諦めずに頑張ることの大切さを学び、貴重な経験をすることにより学びのハードルがどんどん上がって終わりのないことを感じています。」と述べています。

 

バンコク③ 300x224 本学研究生が世界看護科学学会にて修士論文の一部を発表 (タイ・バンコク)佐々木さんは、「この度、世界看護科学学会で発表する貴重な体験を得ることができました。この機会を得ることができたきっかけは、指導教員である飛田先生の『佐々木さんは応募しないの?』の一言でした。私は、『英語がほとんど話せないですし、無理だと思います。』と答えた様に記憶しています。今振り返りますと努力する前から諦めていた自分がいました。学会当日ポスターの前に立ち、最初に大会の役員をしていた方が聞きに来てくださった時は、無我夢中で説明していました。また、副指導教員の岡崎先生も聞きに来ていただき、私は幸せ者だと思いました。皆さんもチャンスがありましたら、是非『はい』と言ってください。」と述べています。

 

バンコク④ 300x224 本学研究生が世界看護科学学会にて修士論文の一部を発表 (タイ・バンコク)髙野さんは、「今回、タイのバンコクで開催されましたINRC2017(世界看護科学学会)で発表の機会を頂きました。大学院に入学してから、海外で研究の成果を発表されている研究生のお話をお伺いし、私もその夢の実現に向けてチャレンジしたいと思っていましたので、このような貴重な体験ができたことはとても光栄です。飛田先生はじめ共同研究者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
学会は、グローバルで科学的な発表が多く、そのディスカッションも魅力的で、有益な学習へと繋がりました。そのなかでの私のポスター発表は、研究方法のバイオフィードバックのことやその有効性についての質問が多くあり、看護教育における教育法の問題解決に取り組む研究の意義深さを改めて実感する機会となりました。また、学会終了後に届いた『Presentation Certificate』は素敵で感激しました。今後も『為せば成る、為さねば成らぬ』の精神で研究に邁進していきたいと思います。院生の皆さんもその夢の実現に向けて進んでいってください。」と述べています。

今回の学会には、発表者の山田さん、佐々木さん、髙野さん以外にも、本学の研究科長岡崎正之教授、飛田伊都子准教授、修了生の志摩久美子さん、森脇康子さん、桐本隆弘さんが参加され、国際的議論の場で多くの刺激を受けたとの事でした。

バンコク⑤ e1514369749209 本学研究生が世界看護科学学会にて修士論文の一部を発表 (タイ・バンコク)

タイ看護・助産評議会(Thailand Nursing & Midwifery Council)会長である
Associate Professor Dr. Tassana Boontongと本学からの参加者

(左より桐本隆弘氏、志摩久美子氏、髙野佳子氏、飛田伊都子准教授、Dr. Tassana Boontong、
森脇康子氏、佐々木雅子氏、山田利惠氏)

ニュース