「平成29年度学位記授与式」を挙行しました

平成30年3月17日(土)、滋慶医療科学大学院大学の「平成29年度学位記授与式」が挙行され、第6期生23名に学位記が授与されました。

学生写真 200x138 「平成29年度学位記授与式」を挙行しました  授与 200x134 「平成29年度学位記授与式」を挙行しました

 

岡崎先生 200x203 「平成29年度学位記授与式」を挙行しました訓示では、「本大学院で習得した医療安全管理学の知識と技術など実践力や人間力に自信をもち、患者さんや施設、地域のチームに信頼される専 門職として大いに活躍されることを期待します」と、医療管理学研究科の岡崎正之研究科長が武田裕学長のメッセージを代読し、一人ひとりに、修士号と医療安全管理学の学位記の授与を受けました。

 

 

総長 200x134 「平成29年度学位記授与式」を挙行しましたついで、学校法人大阪滋慶学園の浮舟邦彦理事長は、「皆さんは、お仕事、ご家庭、そして新しいジャンルにおける研究と、この大学院での学びは本当に大 変だったと思います」と昼夜、仕事と勉学、さらに中には家事もこなした院生の努力をねぎらった上で、チーム医療の大切さに触れ、「医療におけるリスクをどうマネジメントしていくかは、患者さんの保護という面はもちろん、病院や施設のみならずあらゆる組織に於ける経営問題ともなっています。皆さんはそのジャンルの研究家として、リーダーとして、益々、研究を深めてご活躍していって下さい」と祝福しました。

遠山先生 200x218 「平成29年度学位記授与式」を挙行しましたその後、ご来賓を代表して地方独立行政法人 大阪府立病院機構理事長の遠山正彌様から、「学んだことをいかに社会に生かしていくかということを考えて下さい。そして患者さん目線を 大事にして下さい。自分との戦いをいかに制していくかが、危機管理にも通じます。時には自分の判断を疑いながら、より高い視点で結論を出していって欲しいと思います」と、医療安全のエキスパートとしての心得と激励の言葉をいただきました。

 

アメリカ 200x182 「平成29年度学位記授与式」を挙行しましたまた、海外提携校の米カリフォルニア州立大学サンマルコス校看護学部のローナ・ケンドリック学部長からは、「あなた方はヘルスケアの分野でどれだけ重要な役割を果たすのか、まだ実感がわかないでしょう。しかし“害を与えない”という信条を学んだあなた方は、一人ひとりに対して最大限安全な医療を保証するという極めて大きな責任を負っています。そして、あなた方の力はヘルスケアシステムの未来に対して、長期的に大きな変化をもたらすでしょう」と、激励して頂きました。

中国 200x186 「平成29年度学位記授与式」を挙行しましたさらに、2000年に創立され医学、薬学、健康科学の総合大学に発展した澳門(マカオ)科技大学の劉学長は、「貴学の国際的な認知度は高く、マカオは今、最も発展した時代を迎えています。マカオへの留学を心より歓迎します。修了生の皆さまがこれから歩まれる道が順調 で美しいものになるよう願っています」と祝福の言葉を述べました。

 

最後に、修了生を代表して医療管理学研究科医療安全管理学修士となった住友順子さんが謝辞を述べました。

謝辞 200x148 「平成29年度学位記授与式」を挙行しました家庭をもち小学生の子どもを育てながら、近畿大学医学部附属病院の病棟看護師長と学業の3つを切り盛りしてきた住友さんは、「暗いトンネルから永遠に抜け出せないような不安な時もありましたが、真剣に学ぶ仲間の姿に励まされ、一歩ずつ乗り越えることが出来ました。そして、臨床工学技士や理学療法士、臨床検査技師など多職種の研究仲間との絆を深めて来ることができた喜びを語ると共に、今後、それぞれが業務の質と安全向上のための実践と教育のリーダーとして職場で努力をしていきたい」と決意を述べ、すばらしい頑張りに対して、参列者から大きな拍手を浴びていました。

 

集合写真 「平成29年度学位記授与式」を挙行しました

集合写真② 「平成29年度学位記授与式」を挙行しました

ニュース