教育理念

アドミッションポリシー 【入学者受入れ方針】

アドミッションポリシーとは、能力や適性、意欲など大学が求める学生像のことで、
入学者選抜の基本的な考え方を示したものです。


 本研究科では、ヘルスケア領域への関心、および修学の基礎となるリテラシー(読解記述力)とコミュニケーション力を持ち、次のいずれかの意欲を持った人を求めます。

1. ヘルスケア領域の質・安全または経営に関する知識・技術の獲得と実践を目指す。
2. 課題を明確にし、研究的手法を用いて解決の方策を考えるとともに、その成果を社会に発信する能力の獲得を目指す。
3. 多職種連携による業務の質・安全向上のための実践と教育のリーダーを目指す。

カリキュラムポリシー 【教育課程の編成及び実施に関する方針】

カリキュラムポリシーとは、教育目標の達成やディプロマポリシーに示されるコンピテンシーの獲得に必要な、教育課程の編成及び教育方法についての基本的な考え方を示したものです。


 本研究科では、それぞれの専門性を基盤として、学位授与の方針に掲げるコンピテンシーを修得させるため、体系的な教育課程を編成します。

 必修科目は、医療管理学の基礎となるもので、分野に関わらず必ず履修する科目であり、選択科目は、分野や研究内容によって選択する科目です。また、選択必修科目は、必修科目、および選択科目で学んだ内容を活用し、実際の状況を想定して事例に取り組む演習科目として配置されています。

 選択した分野の開設科目を履修しますが、視野を拡大するために他分野の開設科目の履修も推奨しています。

 生涯にわたって学び続ける力、主体的に考える力を養うため、演習科目のみならず、講義科目においてもアクティブ・ラーニングを積極的に取り入れています。また、修士論文の指導は、主指導教員と副指導教員を置き、多面的に課題を捉え探求できる体制をとっています。

 さらに、国内外の課題を自己の課題と関連させて考え、発信する力を養うため、関連学会や学外プログラム等への参加を推奨します。

 在学中から到達目標に対する学修成果の評価を行い、人材開発力を育成します。


ディプロマポリシー 【学位授与の方針】

ディプロマポリシーとは、学位を授与する基本的な考え方で、
修了時に修得していることを期待する能力を示したものです。
本研究科では、以下の4項目についての修得を学位授与の方針とします。

1. 基盤となる専門性に加えてヘルスケア領域における質・安全の管理・経営の実践に必要な専門知識、技術、倫理性を有している。
― コンピテンシー : 「知識活用力」、「質・安全へのコミットメント」、「倫理性」

2. ヘルスケア領域における質と安全に関する課題を明確にし、研究的手法を用いて課題を達成できる能力を有している。
― コンピテンシー : 「課題探求力」

3. 利用者を含めた多職種連携の中でヘルスケア領域における質向上と安全を目指した活動や教育をマネジメントする力を有している。
― コンピテンシー : 「人材開発力」、「資源活用力」、「連携力」

4. ヘルスケア領域における質と安全の学際的な知識を基礎に、グローバルな視点から課題を理解し、自身の主張を社会に発信する能力を有している。
― コンピテンシー : 「グローバル性」