1期生 福田 将誉さん

 私は大阪府下の公立病院に臨床工学技士として勤務しています。


 平成22年当時、私は院内の医療機器安全管理責任者として業務を行っており、これから臨床工学技士を1名増員して、手術室業務が新たに加わることが決まっていました。その主な業務は、手術室内の医療機器の保守管理とトラブル対応でした。医療機器安全管理責任者として、これらの業務に関する評価をどのように行うかが当時の私の課題の一つでした。いろいろと試行錯誤する中で、大学院で評価に関する様々な手法を学び活用したいと思い、滋慶医療科学大学院大学に入学しました。


 在学中はやはり、病院での業務と授業や研究調査との調整にもっとも苦労しました。順調に研究を進め、2年間で修士を取ることができたのは、病院の同僚の皆さんに協力してもらえたことが大きかったと思います。また、他の病院の臨床工学技士の方々にも研究に協力していただきました。これらの多くの方々のご理解とご協力がなければ、研究は成り立たたなかったと思います。今でも非常に感謝しています。


 また、授業では他の医療職種の方々と一緒に学ぶことができ、その学びの中で職種ごとの考え方の違いを知り、お互いに理解を深めることができました。このことは、現在どこの医療機関でも求められている「チーム医療」に携わっていく時に相手の立場に立って考えることができ、とても有意なものとなりました。


 大学院修了後、私は院内の医療安全研修の一つである「危険予知トレーニング」を任されることになりました。また、新入職員対象の医療安全研修では医療安全管理責任者のサポートを行っています。


 大学院で学ぶには、誰にでも様々なハードルがあると思います。研究テーマにしても、私はある程度自分自身で感じた漠然とした課題を持って入学したつもりですが、大学院での科目を学ぶ中で、またテーマについて大学院の先生方と相談していく中で、それが明確な課題となり、最後には一つの大きな達成感をもって卒業することができました。これから学ぼうとする方々も同じように、多くのハードルを越えながらその過程を実感されることと思います。そしてそのことが、今後の一人ひとりの仕事の中で大きな強みと自信になっていくと思います。