4期生 田中 龍也さん

4期生 田中 龍也さん
社会医療法人祐生会 みどりヶ丘病院
診療情報管理士

これからの医療を支える人材に

 私は、ケアミックス型病院で10年間勤めています。医療資材管理室や医事課を経て、直近5年間は診療情報管理士としての業務に携わっています。

 これからの医療を支えるために何が必要なのか、診療情報管理士として何ができるのかを考えているところに、滋慶医療科学大学院大学があることを知りました。

 職場や家族の協力を得ることができ、勤務を続けながらの入学を決意しました。


 入学後は、医療安全管理学の領域としての医療経営管理学分野を選択し、医療安全だけでなく財務・経済・会計などを履修しています。今まで学んだことのない分野ですので、悪戦苦闘の毎日ですが、とても充実した日々を送っています。

 一つ一つは独学で学ぶことも可能かもしれませんが、医療安全を中心に様々な分野が学べることは素晴らしいことだと思います。医療にそれほど関係がないと思っていたものも含めて多様な事柄を関連
させて考え、学べる環境です。

 また、充実した講師の先生方の講義を受けることにより、参考書では得ることのできない理解が深まります。


 勉強に不安な時は、先輩・同期・後輩など仲間がいることで相談ができ、お互いに刺激し合いながら成長ができます。

 さらに、様々な職種の講師や院生がいることで、それぞれの職種ならではの考え方や行動に触れる事ができるのも、もう一つの魅力だと思います。


02 4期生 田中 龍也さん

 学修や研究を通して、仕事に取り組む姿勢や考え方の変化など、今までになかった成長を日々実感しています。この成長を無駄にすることなく、これからの研究に取り組みたいと思っています。

 そして、学んだ経験を活かし、医療界で幅広い視野で考え、行動できる人材、リーダーシップを持った志の高い人材になるために、毎日を過ごしたいと思います。