トップ > 大学院大学について > 学長挨拶

学長挨拶

医療安全を学び、病院のマネジメントを究める


 学校法人大阪滋慶学園は、30年以上にわたって医療専門職を養成してきました。その実績をもとに、「医療の質・安全の向上を探究する大学院」として、滋慶医療科学大学院大学を平成23年4月に開学しました。「医療安全管理学の修士課程」を持つわが国で初めてで唯一の大学院大学として、医療安全(管理)学の研究推進とともに、その実践を担うリーダーの育成を目指してきました。すでに122名の修了生を社会に送り出しています。平成28(2016)年度には、日本高等教育評価機構の大学機関別認証評価を受審し、「適合」との評価を受けました。

 従来の医学教育で行われていた「タテ型専門教育」では、多くの職種が連携するヘルスケアに十分には対応できないことが明らかになり、多職種による「ヨコ型の実践教育」を充実することが要求されています。従来の専門領域の境界線を乗り超えた学際的研究と学際的教育が社会から求められています。

 医療はますます高度化し複雑化しています。また、少子高齢化により医療は病院完結型から地域完結型へと急速に変化しています。このため、医療・介護連携が重視され、そのケアの実践は複雑・高度化しています。

 このような環境においては、より一層医療をはじめ地域包括ケアの質・安全と医療機関の経営管理のバランスが求められ、医療安全管理学を基本としたマネジメントを担う人材養成とその科学的な手法の確立が緊急かつ重要な課題です。

 この課題にむけて本学では、医学・看護学・心理学・人間工学・経営学・工学・臨床工学・建築学などの各分野の専門家がともに切磋琢磨しながら学生の指導にあたっています。医療安全実践教育研究会、医薬品等製造実践教育研究会の活動を通じて、地域包括ケアや産業界、学会等との繋がりを強化しています。

 本学入学により、キャリアアップと自己啓発の絶好の場が提供されます。また医療・介護あるいは関連業界の方々には、本学との連携により双方に良い成果が期待されます。ぜひ、医療安全マネジメントを究める本学をご活用いただければ幸いです。