トップ > ニュース > 病院内の医薬品リスクマネジメントに関するセミナー開催のご案内

病院内の医薬品リスクマネジメントに関するセミナー開催のご案内

平成27年 9月27日(日)開催の第6回医療マネジメントセミナーでは、本学初となる医薬品分野のリスクマネジメント・セミナーを開催いたします。

医薬品分野のリスクマネジメントには、薬効の有効性・安全性といった医薬品本来の特性に関する専門的な知識だけでなく、薬剤師、医師、看護師等の職種間コミュニケーションのようなノンテクニカルスキルが重要であり、もちろんヒューマンエラー対策も不可欠です。

午前の部では、本学の大石雅子教授が「医薬品リスクマネジメント」というタイトルで、全体像をまとめてご報告いたします。

午後の部では、まず最初に、一般社団法人 大阪府薬剤師会と一般社団法人 大阪府病院薬剤師会でともに副会長を務めておられる、大阪警察病院 薬剤部長 山本克己氏に「薬の素顔と医薬品マネジメント」というタイトルでご講演をいただきます。

続いて、八尾市立病院 薬剤部長 山崎肇氏から、「地域での病診薬連携について」というタイトルでご講演をいただきます。

お二人とも病院薬剤師としての長年のご経験から、医薬品マネジメントに関わる組織構築、人材育成、医療情報共有システムなどについて幅広くお話しいただく予定です。               時間の許す限り、会場の皆様からのご質問を含めてディスカッションを行い、有効な医薬品マネジメントについて考えて行きたいと思います。                            ご関心をお持ちの皆様は、ぜひご出席ください。

お申込みは、下記のページからお願いいたします。              https://www.ghsj.ac.jp/oc/seminar

ニュース