トップ > ニュース > 平成27年度学位記授与式を挙行しました

平成27年度学位記授与式を挙行しました

平成28年3月20日(日)、滋慶医療科学大学院大学の「平成27年度学位記授与式」を挙行し、第4期生24名が学位記を授与されました。

全体風景 学位記授与②

学長告示武田裕学長は告辞の中で、「診療報酬の改訂においても在宅医療に大きくシフトしており、医療の質・安全に対する社会のニーズは一層高まっています。医療事故調査制度が昨秋施行され、皆さんへの期待はますます大きくなっていきます。」と修了生を激励しました。

 

理事長祝辞また、浮舟邦彦理事長は祝辞として、「医療・福祉の専門領域で、専門家である皆さんが横に連携してネットワークを構築するとともに、その中でのリスクマネジメントを行う先駆者として活躍されることを期待しています」と述べました。

 

 

松浦先生その後、ご来賓の代表として大阪府立成人病センター 総長 松浦成昭氏からご祝辞をいただき、また海外提携校である中国 広東薬科大学 張幼鐸副学長からもご祝辞をいただきました。さらに、公務のため急遽欠席となったアメリカ カリフォルニア州立大学ロングビーチ校 準副学長 Dr. Jeet Josheeからのビデオメッセージが紹介されました。

 

修了生謝辞最後に修了生を代表して、正司浩規さんが「先ほどいただいた学位記は医療安全管理学を学んだ者として、医療事故調査制度をはじめとする医療安全の一端を担うのは自分自身であることを強く自覚しました。身の引き締まる思いを持って新たな一歩を踏み出します」と謝辞を述べました。

 

修了生の皆様の今後のご活躍をお祈りいたします。

集合写真

なお、学位記授与式の詳細は滋慶学園グループホームページでも紹介されています。
http://www.jikeigroup.net/news/20160324_11580.html

ニュース