トップ > お知らせ > 医薬品等製造実践教育セミナー『GMP初級講座2016』を開催します

医薬品等製造実践教育セミナー『GMP初級講座2016』を開催します

本学では、昨年11月から医薬品等製造に関する実践的な教育とその研究を目的に、新しい研究会を立ち上げました。第1回、第2回教育セミナーでは最近のトピックスを取り上げましたが、『GMP初級講座2016』では、医薬品製造・品質管理を中心にやさしく解説するとともに、ヒューマンエラーや最新の話題も取り上げ、GMPの最新知識を基礎から学びます。製造企業の新入職者教育、品質管理者・製造担当者の初期教育、製薬企業就職希望学生の事前学習にも役立てることができます。

また、各日程最終日には小テストを実施し確実な修得を目指し、修了後には初級修了書を交付します。

セミナーの概要は以下の通りです。

医薬品等製造実践教育セミナー 『GMP初級講座 2016』

主催 滋慶医療科学大学院大学 医薬品等製造実践教育研究会
場所 滋慶医療科学大学院大学(新大阪駅北側 徒歩3分)

<日時とプログラム>

●第1回 5月20日(金)10:00~17:30

GMPの基本原則(歴史、必要性、PIC/S)、GMP・GOP省令と法規制(PIC/SGMPを含む)、GMP文章(目的、体系、文書作成・管理)、GMP組織と責任体制、医療現場の医薬品安全管理(1) など

●第2回 6月17日(金) 10:00~18:00

ヒューマンエラー防止、衛生管理・微生物管理、基準書・手順書・製品標準書、製造管理、品質管理と品質保証、出荷管理(最終製品保証)、医療現場の医薬品安全管理(2) など

●第3回 7月15日(金) 10:00~18:00

適格性評価・バリデーション、設備の整理・保守点検、逸脱・変更管理、品質情報(苦情)・回収管理、自己点検、GMP適合性調査(査察)、医療現場の医薬品安全管理(3) など

 

【定員】

96名 (先着順)

 

【講習費】

2回以降の参加も可能です。

各回 企業関係 10,000円、医療・教育関係 4,000円、学生1,000円

1施設2名以上お申込みで各20%OFF

 

【申込み方法】

6月14日(火)までにFAXまたはメールにてお願いいたします。

お申込みに際しては、①貴施設・会社名、②お名前、③電話番号、④e-mail、⑤紹介者がいらっしゃる場合はその方のお名前もご記入ください。

 

<GMP 初級講座2016リーフレット> <FAXでお申込みの場合はこちらへ>
 

お問合せは、滋慶医療科学大学院大学事務部までお願いいたします。

【電話】 06-6150-1336  【FAX】 06-6150-1337

【e-mail】info@ghsj.ac.jp

お知らせ

ニュース