トップ > ニュース > 修了生が日本医療機器学会大会学術集会において、優秀発表賞を受賞!!

修了生が日本医療機器学会大会学術集会において、優秀発表賞を受賞!!

写真②修了生(2期生)の池田誠さん(大阪大学医学系研究科 感染制御学講座)が、平成28(2016)年6月23日(木)~25日(土)に大阪国際会議場で開催された日本医療機器学会大会第91回学術集会において、「デオキシリボ核酸測定法による軟性内視鏡再生処理の評価と検証」を発表し、優秀発表賞(1位)を受賞しました。

写真①池田さんが本学在学中から研究対象としている軟性内視鏡は、現代医療において早期発見、早期治療のためにも、また患者のQOL向上や医療経済の面からも必要不可欠となっています。しかし、軟性内視鏡は非常に複雑な構造をしているため、再生処理(再び他の患者に使用するための洗浄および消毒)は患者安全(医療安全)の観点からも重要な課題です。
今回の日本医療機器学会では、本学の修士学位論文の課題をベースに、引き続き大阪大学で研究を行った内容を発表しました。詳細は以下の通りです。

第91回日本医療機器学会優秀発表賞軟性内視鏡の洗浄評価には残留タンパク質やATPの測定を用いており、また消毒効果の評価は一般生菌数を用いています。しかし、洗浄評価(タンパク質やATP)と消毒効果の評価(一般生菌数)との相関は必ずしも一致していません。そこで、軟性内視鏡の再生処理(洗浄および消毒)の評価の新しいマーカーとしてDNAを用いることで、洗浄および消毒の評価が一度にできると予測しました。結果として、軟性内視鏡に残留しているDNAは、残留タンパク質及び一般生菌数との相関が得られました。この方法による軟性内視鏡の清浄度評価は世界で初めてであり、また蛍光発光法によるDNA測定は、迅速かつ簡便で、安価でもあるので一般化しやすいと考えられます。
学会では、以上の内容が評価されて、優秀発表賞を受賞することになったとのことです。

写真③また、池田さんは日本医療機器学会に先立ち、6月5日(日)にアメリカ・フロリダ州タンパで開催されたThe Association for the Advancement of Medical Instrumentation(AAMI)において、教育講演"Decontamination and Reprocessing of Flexible Endoscope" を行いました。
この講演も軟性内視鏡に関係するもので、米国では十二指腸内視鏡の再生処理の不備により患者の死亡事例が発生するという事例もあり、本学の修士論文研究とその作成過程で調査した汚染のメカニズムについて講演しました。軟性内視鏡の鉗子チャンネル(鉗子などを挿入する細径の管路)には鉗子の挿入や洗浄による傷や凹みが多数あり、傷ついた軟性内視鏡の再生処理は不可能に近いので、定期的なメンテナンスが必要であること、また軟性内視鏡は複合素材で構成されているため、それぞれの物性を考慮した洗浄剤、具体的には多酵素入り洗浄剤とアルカリ洗浄剤を併用した洗浄により効果が向上することを報告したそうです。

ニュース