トップ > ニュース > 「平成28年度学位記授与式」を挙行しました。

「平成28年度学位記授与式」を挙行しました。

平成29年3月19日(日)、滋慶医療科学大学院大学の「平成28年度学位記授与式」が挙行され、第5期生21名に学位記が授与されました。

025A1426  025A1440

025A1411学位記授与式の告示の中で武田学長は、家庭を持ち、仕事をこなしながら、学業に邁進してきた修了生にねぎらいの言葉をかけ、「これからの社会は、地域で完結するような患者、利用者の安全安心をどうつくっていくかが課題です。皆さんはぜひこれに取り組んでいただきたい」と述べて、一人ひとりに言葉をかけながら学位記を授与しました。

 

025A1529次いで、浮舟邦彦理事長が「大変苦労して学業を成し遂げたその経験は、一人ひとりのキャリアを作っていく上で大きな支えになるでしょう。医療安全の分野は日本ではまだ研究者が少なく、皆さんはパイオニアとしてこの分野を開拓していってください」と述べました。また、「今後、職種間連携はもちろんのこと、医療と福祉、産官学の連携、ネットワークが大きなキーワードになります。安全は、どの業界でも重要な経営マターであり、そのマネジメントは益々重要になってきます」と述べ、今後も研究を継続し、多くの学会等で発表して社会に貢献して欲しいと言葉を贈りました。

025A1548その後、ご来賓の代表として公益社団法人大阪府看護協会会長の高橋弘枝氏から、「学位記を授与され目標を達成した今こそ、知識と実践を一体化し、何をなすべきかを見直してください。所属している地域や施設において、何が求められているかを考え、チームを作って実践していただきたい」と、激励の言葉をいただきました。

 

025A1564また海外提携校である米国カリフォルニア州立大学ロングビーチ校理学療法士学部学部長のジョディ・コーマック博士からは、「皆さんは患者の権利を代表する医療職者です。そのミッションはヘルスケア活動全般にわたるリスク管理を通して、患者の皆様の安全を高め、価値を最大化することです。情報の共有と、多職種の専門職が集まる環境下でのリーダーシップを大事にして下さい」とのメッセージを頂きました。

 

025A1583さらに、新たな提携校となったバングラデシュのイーストウェストメディカルカレッジ&ホスピタルのモアゼム・ホサイン学長からは、「皆さんは安全に関するキーパーソンであり、皆さんの専門知識や医療サービスは、患者の健康と福祉だけでなく、組織全体にとっても良い影響を及ぼします。バングラデシュには皆さんのような人材が不足しています。ぜひ、世界の様々な場所で活躍する人になってください」と述べました。

 

最後に、修了生を代表して埼玉県の病院で働きながら遠距離通学で修士論文を仕上げた野々村ゆかりさんが謝辞を述べました。
025A1440野々村さんは、「志の高い仲間と出会って、共に学び、悩み、時に笑い、なによりも思考するという大事な時間を持つことができました。職種によって問題の捉え方が違う多くの医療職と共に、ぶつかり合いながらも一つのものを作り上げる学びは、他では経験することができません。ここで得られた経験は、今後、医療現場でリーダーとなるために不可欠な能力だと思います。この大学院で学んだ誇りを胸に凛とした姿勢で突き進んでいきます」と決意を述べ、素晴しい頑張りに対して、参列者から大きな拍手を浴びていました。

修了生の皆様の今後のご活躍をお祈りいたします。
025A1661

025A1684

 

ニュース