トップ > ニュース > 『GMP初級講座2018』を開催します~医薬品等の製造管理・品質管理基準を基礎から学びます~

『GMP初級講座2018』を開催します~医薬品等の製造管理・品質管理基準を基礎から学びます~

本学では、2015年に、医薬品、化粧品、健康食品などの製造に関する実践的な教育とその研究を目的として医薬品等製造実践教育研究会を立ち上げました。
2016年・2017年度は『GMP初級講座』、『GMP実践講座』として、製造・品質管理を中心にヒューマンエラーや最新の話題も取り上げ、基礎から実践まで学べる講座を開講し、製薬企業・医療機関等より延べ300名の参加がありました。
2018年度も引き続き、『GMP初級講座2018』を開講します。製造企業の新入者教育、製造・品質管理の初期教育、管理者の最新事情キャッチアップ、医薬品等の製造企業への就職希望学生の事前学習にも役立ちますので、皆様奮ってご参加ください。
なお、各日程最終日には小テストを実施して確実な修得を目指し、修了後には修了書を交付します。

セミナーの概要は以下の通りです。

医薬品等製造実践教育セミナー 『GMP初級講座 2018』

主催 滋慶医療科学大学院大学 医薬品等製造実践教育研究会
場所 滋慶医療科学大学院大学(新大阪駅北側 徒歩3分)
〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-2-8
TEL 06-6150-1336

<日時とプログラム>

●第1回 5月18日(金)10:00~17:30

医療現場の医薬品安全管理、GMPの基本原則(歴史、必要性、PIC/S)、GMP・GOP省令と法規制(PIC/SGMPを含む)、GMP文章(目的、体系、文書作成・管理)、GMP組織と責任体制、教育訓練など

●第2回 6月15日(金) 10:00~18:00

ヒューマンエラー防止、衛生管理・微生物管理、基準書・手順書・製品標準書、製造管理、品質管理と品質保証、出荷管理(最終製品保証) など

●第3回 7月20日(金) 10:00~18:00

適格性評価・バリデーション、設備の整理・保守点検、逸脱・変更管理、品質情報(苦情)・回収管理、自己点検、GMP適合性調査(査察) など

 

【定員】

96名 (先着順)

 

【講習費】

●全3回受講の場合

企業関係 30,000円、医療・教育関係 10,000円、学生3,000円

●各回受講の場合

企業関係 11,000円、医療・教育関係 4,000円、学生1,000円

※1施設2名以上お申込みで各20%OFF

※紹介者がある場合のお申込みで20%OFF

 

【申込み方法】

5月11日(金)までにFAXまたはメールにてお願いいたします。

お申込みに際しては、①貴施設・会社名、②お名前、③電話番号、④e-mail、⑤紹介者がいらっしゃる場合はその方のお名前もご記入ください。

 
表紙
<GMP 初級講座2018リーフレット>
裏
<FAXでお申込みの場合はこちらへ>
 

お問合せは、滋慶医療科学大学院大学事務部までお願いいたします。

【電話】 06-6150-1336  【FAX】 06-6150-1337

【e-mail】info@ghsj.ac.jp

ニュース