トップ > お知らせ > 看護師対象のセミナーを開催します。

看護師対象のセミナーを開催します。

このたび、滋慶医療科学大学院大学では、各種医療職従事者を対象としたセミナーを開催することとなりました。本大学院大学の教員や、医療現場の第一線で活躍していらっしゃる専門家の方々から、お話をしていただく予定になっています。
今回は、看護師を対象としたセミナーのご案内ですが、該当する職種の方々のみならず、興味をお持ちになった方であればどなたでもご参加いただけます(特に、第2回目のセミナーは、“患者の視点”から医療の安全・安心についてお話をしていただく予定となっております)。
お申し込みについては、以下の申込フォームよりお申込ください。

第1回看護師セミナー

開催予定日時 平成24年1月14日(土) 14:00~16:00(90分)
演題 『ナースの為のストレスマネジメント ~自己への気づき~』
演者 滋慶医療科学大学院大学 教授 土屋 八千代 氏
演者略歴 1973年下関看護専門学校卒、看護師免許取得。1979年八幡大学(九州国際大学)卒業後、聖母女子短期大学専任講師、同大学助教授、山梨県立看護短期大学看護学部教授、98年山梨県立看護大学看護学部教授を務める。2001年日本大学大学院総合社会情報研究科修了(修士〔人間科学〕)、2002年学位取得(博士〔医学〕、昭和大学)。2001年宮崎医科大学医学部看護学科教授、同大学大学院医学系研究科教授、宮崎大学医学部看護学科教授、同大学大学院医学系研究科教授を経て、現在、滋慶医療科学大学院大学教授を務める。大学の公開講座講師、県看護協会認定看護管理者制度教育運営委員・講師、県ナースバンク運営委員、県プライマリーケア研究会学術広報委員、看護協会・県主催の看護研究・ストレスマネジメント・リスクマネジメント・専門看護等の講習会講師、各医療機関における実践的看護研究の指導なども務めている。
対象職種 ●病院・クリニック・診療所等医療機関や福祉施設等にお勤めの看護師・介護福祉士等、看護・介護の業務に携わる方々
●看護師・介護福祉士等を目指す学生
●一般の方々

第2回看護師セミナー

開催予定日時 平成24年1月21日14:00~16:00(90分)
演題 『医療事故被害者遺族の立場から医療者に望むこと』
演者 医療の良心を守る市民の会 代表 永井 裕之 氏
演者略歴 1964年東北大学工学部通信工学科を卒業。同年、松下電器産業(現:パナソニック)(株)に入社。約40年間技術者として、テレビ受信機の研究開発、技術部門の人材育成・管理と新規事業(デジタル放送サービス事業)を担当。2004年TBSメディア総合研究所に在籍(株)トマデジにてデジタル放送サービス事業にて従事。その後、(株)トマデジ顧問を務めており、現在、国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営専攻 ジャーナリズム分野 修士課程に在籍している。1999年妻が都立広尾病院で、点滴後の誤訳注入による医療過誤で急死。医療界の意識革命に一石を投じるために全国の医療機関・大学などで講演。「医療事故・過誤を少なくする為の提案」や「人間性の向上と新年を持って発言する力を養ってほしい」と訴えている。2006年「医療の良心を守る市民の会」を立ち上げ、「患者と医療者が手をつなぐ為にすべきこと」を探究する活動を代表として推進。2008年「患者の視点で医療安全を考える連絡協議会」を発足。医療版事故調の早期設立」に向けたキャンペーン活動をしている。
対象職種 ●病院・クリニック・診療所等医療機関や福祉施設等にお勤めの看護師・介護福祉士等、看護・介護の業務に携わる方々
●看護師・介護福祉士等を目指す学生
●一般の方々

場所

滋慶医療科学大学院大学(新大阪駅前)地図

参加費

・1セミナー:1,000円、2セミナー:2,000円
・下記学校卒業生:無料
大阪医療技術学園専門学校大阪ハイテクノロジー専門学校大阪保健福祉専門学校大阪医療福祉専門学校

申し込み方法

申込みフォームに必要事項をご入力のうえ、お申込み下さい。
※参加費については事前振込みとなっております。申込受付後、振込先等のご案内を差し上げます

問合せ先

滋慶医療科学大学院大学 医療管理学研究科 事務部
TEL:06-6150-1336
FAX:06-6150-1337
E-mail:info@ghsj.ac.jp

また、当日は、本大学院大学の入学説明会(オープンキャンパス)も同時開催しています。本学専任教員より、詳しく判りやすく説明させていただきますので、興味のある方はこちらにも是非ご参加下さい。詳しくはこちらをご覧下さい。

お知らせ