トップ > ニュース > 第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会が開催されました。

第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会が開催されました。

 2012年5月11日(金)・12日(土)に、神戸ポートピアホテル・神戸国際会議場にて、インタープロフェッショナル・ワーク ~W・O・Cの奏でるハーモニー~をテーマに「第21回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会」が開催されました。

この学術集会は、保健医療福祉関係職で構成されており、様々な領域・分野の保健医療福祉専門職が、創傷・オストミー・失禁の健康課題を持つ人のケア実践をするために対話が大切だと考え、このようなテーマで開催されました。

会期中、「真のチーム医療」の根底をつらぬく患者・当事者を主体とした安全で良質のケアを提供するための新しい形としてWOC領域の基礎研究、実証研究はじめ臨床現場での多職種連携・協働実践の事例報告等、多数の演題があり、活発な議論が行われました。

今回の第21回学術集会会長は、日本創傷・オストミー・失禁管理学会理事である、本大学院大学の田村由美教授が務めました。学会参加者数は、約1,900名を数え、盛会裡に終了しました。


特別プログラム

 ●会長講演
テーマ 「インタープロフェッショナルへの道」
講師 田村 由美(滋慶医療科学大学院大学 医療管理学研究科 医療安全管理学専攻

 ●特別講演
テーマ Learning Teamwork to Improve Health and Health Care
「人々の健康とヘルスケア実践の向上のためのチームワーク学習」
講師 田村 由美(滋慶医療科学大学院大学 医療管理学研究科 医療安全管理学専攻
Madeline H.Schmitt,PhD,RN,FAAN,FNAP(ロチェスター大学看護部、米国ニューヨーク)

ニュース