トップ > 医療安全管理学とは〜授業紹介〜 > ① 医療倫理学-土屋教授

① 医療倫理学-土屋教授

土屋八千代教授 医療界は技術の進歩、高度化・複雑化によって、さまざまなリスクが散在しています。リスクをいかにして回避するか、いま「良質で安全・安心な医療」が求められています。本学では、「患者安全と安心のために」を合言葉に、医療安全の教育・研究に取り組んでいます。新しい学問体系としての「医療安全管理学とは」と題して、必修科目を中心に、特色ある授業を紹介します。第1回は「医療倫理学」について、土屋八千代教授にインタビューを行いました。

 

『倫理的に考え~判断の根拠を吟味』


―医療倫理学の授業の主な内容を教えてください。

 医療倫理の総論として「倫理とは何か」、双方向または対話する倫理について概説します。各論としては出生をめぐる問題、安楽死と尊厳死、遺伝子と医療、脳と心の関係について―などです。私は看護倫理を担当して、生命倫理の中における看護(ケア)倫理の位置づけ(医療倫理と看護倫理の違い)、看護倫理の歴史的変遷と今日的課題、医療組織における倫理的問題についての概説及び倫理的課題への取り組みモデルを紹介し、事例の検討を行います。

―医療安全を実践していく中で、医療倫理学の必要性を説明してください。

 倫理とは、倫(人の輪・仲間)と理(物事の節目・道理)で、仲間間の決まりごと・守るべきルール・秩序を意味します。
 医療安全の実践とは「医療の質を保証する」ことで、医療の質とは「患者にとってのベストな医療の提供」と思います。医療は連続的なもので、そこに関わるのは多職種のチームワークが核となります。患者にとってベストの方向は何か?
 患者や家族の思いに添いながら専門職としての叡智を尽くして医療に取り組むためには「患者・家族・医療者の意思統一のもと、その方向性の実現を目指して関係者がじっくりと取り組むこと」が重要です。しかし、現実の医療現場には多くの課題が山積しています。そもそも仲間とは誰なのか?が明確にならなければ、仲間間の決まりごと・守るべきルールとは何かが見えてきません。

―学びの重要なポイントは何でしょうか。

 シラバスに示した「倫理的に考えること」が重要。そのためには倫理の基本を知って、自分の価値判断が何を根拠にしているのかを吟味することが大事です。つまり判断基準としているのは「個人としての価値観」なのか、「職業人としての価値観」なのかを知ることです。(価値観を定めるものとして、倫理的価値観、個人的価値観、文化的価値観・宗教的価値観、専門職としての価値観、法的規準など)そして他者の立場を理解し、「患者にとってのベストとは何か」について議論します。
「倫理的に考える」とは?どういうことなのかを学び、知ることがポイントです。

―医療行為のなかで、倫理的に問題となるような事例を挙げてください。


土屋八千代教授 医療行為を提供する際に倫理的に問題となるような事例は多いですが、誰が誰の立場で問題としているのかが問題です。倫理的葛藤はいわゆる権威者と従属者の衝突であり、従属者がジレンマに陥りがちです。特に看護者は患者さんの擁護者としての自負から患者さんのことは全て把握し、看護の判断が患者にとってのベストだと思い込んでいる場合が多いように思います。

 死や生きることの意味の捉え方の差は、遺伝子診断や安楽死問題等の是非を左右します。以前、高木彬光氏の短編「若杉裁判長」を読み、経験の有無で価値観は180度近く異なることを実感しました。患者さんや家族に思い添うという看護の実践には、患者・家族に“傾聴”なくしてわかるはずがありません。「わかった」つもりでいる看護師は、自分の葛藤の解決を求めて倫理的問題として論じているようにも見えます。

 倫理的問題への議論のきっかけは、まずそこから始まるとして、是非臨床の場で事例を検討してほしいことは、「患者にとってベストとは何かの探究と実践」をモットーにしてほしいことです。そのために必要な情報を収集し、多面的に分析していくこと、そして自分の倫理観を吟味することです。
 授業の中で事例を挙げて「倫理的に考えること・議論すること」を実践しています。予後不良のがん患者、若くして終末期にある患者さん、救急場面におけるトリアージの問題(資源分配の不公平さ)など、今後とも検討を要する課題は多くあります。特に、権威勾配は何故起こるか(単純に医師と看護師間のみか?)について探究していく必要があると思っています。

―医療倫理を学ぶ上で、本学ならではの特徴は何でしょうか。

 多職種の教員と学生がいること。つまり少なくとも職業的価値観の異なる人々の集合体であることで、他職種の倫理観を確認でき、立場の異なる意見で討論が可能となります。更に有職者が多いことから、同職種間では見えにくい現状での倫理的課題(それが真に倫理上の問題であるのか 否かを含めて)が見えてきます。


図表

医療安全管理学とは〜授業紹介〜