トップ > ニュース > 新学長に武田教授が就任しました。

新学長に武田教授が就任しました。

 滋慶医療科学大学院大学(大阪市淀川区)の学長に、武田裕医療管理学研究科長(教授、66歳)が就任しました。教授会で推薦を受け、運営母体の学校法人大阪滋慶学園(理事長浮舟邦彦)の理事会で選任されました。坂本幸哉・前学長の死去に伴うものです。

 同大学院大学は、わが国で初めてとなる「医療安全管理学の修士課程」を創設して、2011年4月に開学しました。患者さんの安全と安心を確保するため、医療の質を高め、医療安全を実践していく「医療現場のリーダー」「教育機関の指導者」を育成しています。

 武田新学長は「わが国の医療安全活動が本格的に始まって約14年になりますが、依然として医療事故は減っていません。医療者の卒業前及び卒業後の教育体制、内容が結果的に不十分だと言わざるを得ません。医療安全文化も醸成途上です。これらの状況を踏まえて、当大学院大学はより一層、医療安全のための科学を推進し、医療安全を担いうる実践的な教育者、指導者を養成していきたい」と抱負を述べています。


武田 裕【武田 裕(たけだ・ひろし)】
昭和22年2月生まれ、京都府出身。昭和46年大阪大学医学部卒、昭和62年大阪大学病院医療情報部助教授、平成10年同教授、平成13年中央クオリティマネージメント部長、平成18年大阪大学中之島センター長、平成22年退職、大阪大学名誉教授。平成23年滋慶医療科学大学院大学教授・医療管理学研究科長。医療の質・安全学会理事。

ニュース