トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 平河 勝美

平河 勝美

平河 勝美
教授
平河 勝美 Katsumi Hirakawa
研究内容・メッセージ

看護者など医療従事者の職業能力の形成過程に研究関心を寄せています。用いる手法は主にナラティブ・アプローチやライフストーリー・アプローチで、語られた話を読み込み、なぜこれを語るのか、なぜこのように語るのかを手がかりに語り手の意味世界を解釈します。
医療安全についても、医療実践の文脈から生まれる医療者の学習や経験など、また、医療に従事し続ける中での発達や能力形成などとの関係において、分析・検討できるのではないかと考えています。


学位・資格 博士(学術)/看護師/保健師
専門領域・分野 看護教育学
担当科目 医療倫理学特論、看護研究方法論、看護キャリアマネジメント特論、特別演習、課題研究(修士論文作成)

略歴

1982年京都市立看護短期大学卒業、1992年聖路加看護大学(編入学課程)卒業、1997年神戸大学大学院教育学研究科修士課程修了(教育学修士)、2007年神戸大学大学院総合人間科学研究科博士後期課程修了(博士(学術))。
1993年兵庫県立看護大学助手、1997年大阪大学医学部保健学科講師、2001年神戸市看護大学助教授、2007年滋賀県立大学人間看護学部教授、2010年京都市看護短期大学教授、2013年京都市衛生環境研究所管理課担当課長


社会活動等

国立大学法人大阪大学大学院医学系研究科招聘教授


主な研究業績

「看護教師」研究の動向と課題―2000年~2010年の文献研究―(2013)、京都市立看護短期大学紀要、36、1-14.
看護師2年課程(通信制)における学習者の経験と教育課題に関する研究(2007)、平成16-18年度文部科学研究基盤(C)報告書
看護実践能力の研究におけるライフストーリー/ライフヒストリーの適用可能性(2006)、神戸大学発達科学部研究紀要、14(1)、63-73.