トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 池西 悦子

池西 悦子

池西 悦子
教授
池西 悦子 Etsuko Ikenishi
研究内容・メッセージ

医療安全と質の向上をはかるには、医療従事者一人ひとりの自立を基盤としたキャリア開発が重要です。看護職が質の高い実践の実現に向けて組織と連携しながら実践する自己のキャリアマネジメントや実践経験から学びよりよい実践を導く「リフレクション」を安全管理や質の向上に導入することを目指した教育・研究に取り組んでいます。

学位・資格 学士(法学)/修士(看護学)/博士(保健学)・看護師
専門領域・分野 看護教育学、看護管理学
担当科目 看護研究方法論、看護キャリアマネジメント特論、特別演習、課題研究(修士論文作成)

略歴

国立療養所兵庫中央病院附属看護学校卒業,同年看護師免許取得。厚生省看護研修研究センター看護教員養成課程修了,兵庫県立看護大学大学院修士課程修了(看護学),神戸大学医学系研究科博士後期課程修了(保健学)。岐阜県立看護大学講師,園田学園女子大学准教授などを経て13年より本学教授。


社会活動等

所属学会;日本看護学教育学会,日本看護科学学会,日本看護管理学会,医療の質・安全学会等


著書等

『看護の教育・実践に活かすリフレクション-豊かな看護を拓く鍵』(2014.南江堂)、共著
『看護における反省的実践』原著第5版(2014.看護の科学社)監訳
『看護教育学 第Ⅳ章リフレクション,キャリアマネジメント』(2009. 南江堂)

主な研究業績

現職者の看護生涯学習に関する要望の実態分析と生涯学習システムの確立,平成13年度看護職員確保対策特別事業
看護職者のリフレクション能力育成に関する研究-臨床看護師の現任教育計画の構築-,平成16-18年度文部科学省研究助成(萌芽研究).
看護人材・組織育成の基本の実際と課題,共著,3(1),岐阜県立看護大学機能看護学講座「教育と研究」,2005.
現地参加者の専門職としての成長から見た共同研究の意義,共著,6(2),2006.
「臨床看護師のリフレクションの要素と構造」,23,神戸大学保健学科紀要,2007.
看護実践に埋め込まれたリフレクションの構造―マイクロモメントタイムラインインタビュー法の活用―,41(5), 看護研究,(2008.医学書院)
専門看護師のリフレクションの特徴,61(3). 看護.(2009.看護協会出版会)他