トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 石原 啓之

石原 啓之

石原 啓之
助教
石原 啓之 Hiroyuki Ishihara
研究内容・メッセージ
がんは、2人に1人が罹患すると言われている国民病の一つです。様々ながん研究において、こういった指標を算出することができるものに、がん登録があり、それを利用したがん疫学・統計に関する研究を専門としています。
学生の皆様は、大学院で研究者としての第一歩を踏みます。研究の計画、方法など自ら進んで行っていかねばなりません。その研究のための専門用語、計画の立て方や方法などの基本的なところを学んでいきます。尚且つ、特に医療に携わる者は、医療安全、倫理を遵守した上で研究をしていかなくてもいけません。この部分は、社会的に大きく問題となり研究者の質を問われているところです。研究方法を学びつつも、研究者としての基本姿勢も学んでいただければと思います。
学位・資格 修士(看護学)/看護師
専門領域・分野 基礎看護学、がん疫学
担当科目 看護研究方法論、ストレスマネジメント特論、特別演習、課題研究(修士論文作成)

略歴

1990年 近畿大学農学部水産学科卒、2011年 国立病院機構京都医療センター附属京都看護助産学校 看護師科卒、看護師免許取得、11年 東近江総合医療センター 看護師、16年 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程 修了(看護学修士)、18年 本学助教
16~17年 大阪滋慶学園 大阪医療看護専門学校看護師科 非常勤講師、16~17年 兵庫医療大学看護学部 非常勤講師

社会活動等

看護理工学会、がん予防学会、IACR(International Associational of Cancer Registries)
安田医学記念財団助成事業:小児がん疫学的研究代表、AMED(日本医療研究開発機構):河野班小児・AYA世代がん研究分担、環境省:祖父江班原子力災害影響調査事業研究分担


主な研究業績

「Long-term outcomes of single-site laparoscopic colectomy with complete mesocolic excision for colon cancer: comparison with conventional multiport laparoscopic colectomy using propensity score matching」
共著/2017年/Diseases of the Colon & Rectum, July 2017, vol.60, Issue 7 pp.664-673
「「Epidemiological Analysis of Childhood Cancer in Japan Based on Population-based Cancer Registries, 1993–2009」
共著/2017年/ Japanese Journal of Clinical Oncology, 1 July 2017, vol.47, Issue 7, pp.660-663
「Trends in cancer incidence rate among elderly adults in Japan using population-based cancer registries」
共著/2017年/39th Annual Conference International Associational of Cancer Registries,pp81
「Trends among elderly people requiring a stoma in Japan」
共著/2017年/39th Annual Conference International Associational of Cancer Registries,pp88
「Trends of blood cancer among elderly adults」
共著/2017年/39th Annual Conference International Associational of Cancer Registries, pp89
「The long-term trends of childhood cancer in Japan based on population-based cancer registries」
共著/2017年/39th Annual Conference International Associational of Cancer Registries, pp78
「地域がん登録に基づいた小児がん罹患数の経年変化の検討」
共著/2016年/第23回がん予防学会学術総会, pp.76
「救急隊による救急コールから病院決定・搬送までの実態と情報システムの課題調査」
共著/2015年/第3回看護理工学会学術集会, pp.66
「網羅的治療経過データベースの構築についての検討」
共著/2015年/第3回看護理工学会学術集会, pp.63
「地域がん登録を利用した小児がんに関する基礎データ分析」
共著/2015年/第3回看護理工学会学術集会, pp.55
・「機能評価係数Ⅱ向上に向けたDPC病院の取り組みの方向性についての分析」
共著/2014年/第2回看護理工学会学術集会, pp61
「ベッドからの転落予測のための基礎的研究」
共著/2014年/第2回看護理工学会学術集会, pp.65