トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 岡 耕平

岡 耕平

岡 耕平
准教授
岡 耕平 Kohei Oka
研究内容・メッセージ

障害や病気で困難をかかえた人の生活・学習・就労を支援するため、テクノロジーの活用や環境調整による具体的な支援方法とその効果について研究しています。実際場面での人間の行動をふまえて問題を発見し、問題の背景にある人間の特性と環境との齟齬を解消することを目指します。

http://okakohei.com


学位・資格 博士(人間科学)/福祉情報技術コーディネーター1級
専門領域・分野 人間支援工学、適応認知行動学
担当科目 人間工学特論、特別演習、課題研究(修士論文作成)
リサーチマップ https://researchmap.jp/okakohei

略歴

1978年大阪生まれ.2007年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程を単位取得退学.2009年博士(人間科学).2006年より日本学術振興会特別研究員を経て,2007年から2011年まで東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野特任助教.2011年より滋慶医療科学大学院大学助教.2013年より同大学講師,2016年より同大学准教授.知的障害のある人のガイドヘルパー,小規模作業所での作業支援,職場内での就労支援コーディネートの経験をもとに,障害や病気で困難をかかえた人の生活・学習・就労を支援するための,テクノロジーの活用や環境調整による具体的な支援方法とその効果について研究.2005年日本認知心理学会優秀発表賞,2007年関西心理学会研究奨励賞,2011年日本職業リハビリテーション学会奨励賞,2013年ヒューマンインタフェース学会研究会賞受賞.


社会活動等

国立大学法人大阪大学キャンパスライフ支援センター招聘教員、医療の質・安全学会代議員、ヒューマンインタフェース学会コミュニケーション支援専門委員会幹事運営委員、大阪市立東淀川特別支援学校協議会委員など


著書等

「医療安全と医療訴訟」(イムジック出版、2014)
「心理学から考えるヒューマンファクターズ」(有斐閣,2013)
「バリアフリー・コンフリクト」(東京大学出版会,2012)
「特別支援教育とAT」(明治図書出版,2013)

主な研究業績

岡耕平 (2014). コミュニケーションが困難な発達障害のある人のキュレーティング・コミュニケーション 認知科学, 21(1), 45−61.
吉野眞美・岡耕平・木内淳子 (2013). 看護師等が刑事責任を問われた事故の根本原因分析 ~そこから学ぶ事故防止策の不備の検討〜 医療の質・安全学会誌, 8(4), 336-347.
岡耕平 (2013). 障害支援技術としての携帯情報端末アプリの分類の試み ―発達障害のある人への支援を中心として―, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, 15(3), 135-141.
岡耕平 (2012). コミュニケーションが困難な発達障害のある学生の学習支援 ーテクノロジーの利用と環境調整による支援効果の事例的検討ー ヒューマンインタフェース学会研究報告集, 14(3), 167-172.
岡耕平 (2011). 発達障害当事者からみた医療コミュニケーションの問題とその対応.医療の質・安全学会誌2011, 180.
Oka, K. & Miura, T. (2008). Allocation of attention and effect of practice on persons with and without mental retardation. Research in Developmental Disabilities, 29, 165-175.
岡耕平・三浦利章 (2007). 知的障害者における視覚−運動協応研究の動向 大阪大学大学院人間科学研究科紀要, 33, 143-162.
岡耕平・三浦利章 (2006). 知的障害者の注意機能研究の動向 大阪大学大学院人間科学研究科紀要, 32, 265-283.
岡耕平・三浦利章 (2005). 簡便で汎用性のある知的障害者の作業支援法 信学技法, 105(186), 57-60