トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 岡崎 正之

岡崎 正之

岡崎 正之
特任教授
岡崎 正之 Masayuki Okazaki
研究内容・メッセージ

本研究室では、医療現場で駆使されている医療機器材料の知識と技能に関し安全管理の観点からの教育・研究を行う。特に、現在先進医療で活躍する生体材料の安全性について議論するとともに、将来の安全管理の在り方についても展望する。究極的には講義・演習・研究を通して、患者や医療従事者にとって安全・安心の「生体に優しい医療機器材料」とは何かを理解することを修得目標とする。

学位・資格 工学博士、広島大学名誉教授
専門領域・分野 生体材料学、医療機器材料安全管理学
担当科目 医療機器材料安全管理学特論、特別演習、課題研究(修士論文作成)

略歴

1971年京都大学工学部化学工学科卒業、1976年京都大学大学院工学研究科博士課程修了、同年大阪大学歯学部助手、82年講師、93年助教授、99年広島大学歯学部教授、2011年広島大学医歯薬学総合研究科定年退職、同年広島大学名誉教授、13年滋慶医療科学大学院大学教授、17年医療管理学研究科研究科長、18年特任教授。

社会活動等

日本歯科理工学会理事(1999年~2011年)、日本バイオマテリアル学会理事(2002~2011年)、日本学術会議連携委員(2006年~2011年)、日本バイオマテリアル学会学会賞(2007年)、日本歯科理工学会学会賞(2010年)、日本バイオマテリアル科学功績賞(2011年)他


著書等

「歯と骨をつくるアパタイトの化学」(東海大学出版会、1992)
「セラミックバイオマテリアル」(コロナ社、2009)他

主な研究業績

Influence of air-abrasion and subsequent heat treatment on bonding between zirconia framework material and indirect composites. Dent Mater J 31: 751-757, 2012.
Real-time assessment of surface interactions with titanium passivation layer by surface plasmon resonance. Acta Biomaterialia 8: 1260-1266, 2012.
Chemical analyses of hydroxyapatite formation on SAM surfaces modified with COOH, NH2, CH3 and OH functions. Dent Mater J 29: 438-445, 2010.
Ultrafiltration of blood: Effect of hematocrit on ultrafiltration rate. Annals Biomed Eng 4: 138-150, 1976.
Insolubilized properties of UV-irradiated CO3apatite-collagen composites. Biomaterials 11: 568-572, 1990.
Affinity binding phenomena of DNA onto apatite crystals. Biomaterials 22: 2459-2464, 2001.
Action of FGMgCO3Ap-collagen composite in promoting bone formation. Biomaterials  24: 4913-4920, 2003.
Apatite containing aspartic acid for selective protein loading. J Dent Res 89: 488-492, 2010.