トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 武田 裕

武田 裕

武田 裕
学長/教授
武田 裕 Hiroshi Takeda
研究内容・メッセージ

医療情報学的手法を用いて、医療の質向上と医療安全を実現することを目的とし、具体的に病院情報システムなどから得られるデータを分析して医療現場で応用可能な医療安全モデルを提案します。システム志向で医療上の問題点を明らかにし、その解決を図る眼を養っていきます。


学位・資格 医学博士/医師/日本内科学会認定内科医/日本医師会認定産業医/循環器学会認定循環器専門医
専門領域・分野 医療情報学、病院情報システム論、循環器病学、医療安全管理学
担当科目 医療情報学特論、特別演習、課題研究(修士論文作成)

略歴

1971年大阪大学医学部卒、同年医師資格取得、77年米国シカゴ大学薬理生理学部Post-doctoral Fellow、79年大阪大学医学博士、87年同大学医学部附属病院医療情報部助教授、98年同教授及び部長、01年同大学大学院医学系研究科教授、03 年同大学医学部附属病院中央クオリティマネジメント部長、04年同大学医学部附属病院長補佐、10年同大学名誉教授。11年本学研究科長・教授。 06年より医療の質・安全学会理事。

社会活動等

特定非営利活動法人大阪ヘルスケアネットワーク普及推進機構理事長/米国医療情報学会会員/日本循環器学会近畿地方会評議員/日本医療情報学会評議員/日本内科学会近畿地方会評議員/国際医療情報学会(IMIA)IFIPリエゾン/医療の質・安全学会理事


著書等

「医療安全ことはじめ」(医学書院2011年)
「医療安全プロフェッショナル」 (医学書院2010年)
「クリニカルリスクマネジメント」(文光堂2003年)
E-Health(編著)(IFIPAICT335,Springer,2010年)

主な研究業績

「Assuring lifelong computer based patient records by means of document archiving and communication system (DACS)」
共著/2012年/International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery (Supplement1):ppS478
「診療記録を構成する文書の把握とその分類」
共著/2012年/診療情報管理,24(1):54-62
「A Scheme for Assuring Lifelong Readability in Computer Based Medical Records.」
共著/2010年/Stud Health Technol Inform. 160(Pt 1):91-95
「The application on an Institutional clinical data warehouse to the assessment of adverse drug reactions(ADRs):Evaluation of Amino-glycoside and Cephalosporin associated nephrotoxicity」
共著/2007年/Methods of Information in Medicine,46巻5号,pp.516-522
「Analysis of yearly variations in drug expenditure for one patient using data warehouse in a hospital」
共著/2007年/J Med Syst,31巻1号,pp.17-24
「Health care quality management by means of an incident report system and an electronic patient record system.」
共著/2003年/International Journal of Medical Informatics , 69(2-3), pp.285-293
「Quality of health care : Informatics foundations.」
共著/2002年/Methods of Information in Medicine, 42(5), pp.509-518
「Architecture for networked electronic patient record systems.」
共著/2000年/International Journal of Medical Informatics, Volume 60, Number 2, pp. 161-167(7)