トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 飛田 伊都子

飛田 伊都子

飛田 伊都子
教授
飛田 伊都子 Itoko Tobita
研究内容・メッセージ

医療の中でおこるヒトの行動に関わる問題に対して、行動の強化の原理を用いた行動分析学の枠組みを用いた研究を行っています。対象は患者だけでなく患者家族や医療者も含まれ、組織的マネジメントにも活用できるものです。さらに、患者が医療に参加する概念について研究し、その実態調査を行なっています。患者が医療に参加することが医療安全にどのように関係するのか、ともに考えましょう。

学位・資格 博士(看護学)/看護師
専門領域・分野 臨床看護学・慢性期看護学・医療行動分析学
担当科目 患者参加論、看護研究方法論、医療行動分析学特論、医療安全管理学事例研究、特別演習、課題研究(修士論文作成)

略歴

1993年山口大学医療技術短期大学部看護学科卒、看護師免許取得、1999年オーストラリア連邦ニューカッスル大学看護助産学部卒(Bachelor of Nursing)、2002年オーストラリア連邦シドニー大学大学院看護助産学研究科修了(Master of Nursing)、2003年鳥取大学医学部保健学科助手、2005年京都大学医療技術短期大学部非常勤講師、京都大学医学部保健学科非常勤講師、2008年同大学医学部人間健康科学科非常勤講師。2009年大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻統合保健看護科学分野修了(博士〔看護学〕)。2010年スイス連邦工科大学組織・労働科学センター客員研究員。2011年本学准教授、2018年同大学教授。


社会活動等

医療の質・安全学会代議員、医療行動分析学研究会幹事、日本看護科学学会会員、日本看護研究学会会員、日本腎不全看護学会会員、日本行動分析学会会員、日本透析医学会会員


著書等

医療場面におけるセルフ・コントロールと衝動性 高橋雅治(編著):セルフ・コントロールの心理学:自己制御の基礎と教育・医療・矯正への応用 北大路書房 2017.
慢性疾患患者の問題行動に対する行動マネジメント.日本行動分析学会(編),山本淳一,武藤崇,鎌倉やよい(責任編集):ケースで学ぶ行動分析学による問題解決 金剛出版 2015.
ナーシング・グラフィカ健康の回復と看護4 脳・神経機能障害/感覚機能障害 第3版 メディカ出版 2014.

主な研究業績

Tobita I., Kobayashi M., Tsuji H. et al. Effects of supervised resistance exercise and cycling exercise during treatment of hemodialysis outpatients in Japan: Thailand Nursing and Midwifery Council and the World Academy of Nursing Science International Nursing Research Conference. Bangkok, Thailand, 2017.
Moriwaki Y., Tobita I., Ogawa M. et al. Safety nursing management for psychiatric outpatients on waiting time to see doctors in Japan: 26th International Council of Nurses Congress, Barcelona, Spain, 2017.
Hashimoto S., Tobita I., Yamashita T. et al. Analysis of the quality of healthcare from Japanese patient's perspective by using the questionnaire 'Quality of care from the Patient's Perspective (QPP)': 26th International Council of Nurses Congress, Barcelona, Spain, 2017
Yamada R., Tobita I., Ito M. et al. The differences between degrees of adherence to safety procedures in infusion: Analysis of the differences in clinical experience among Japanese nurses: Thailand Nursing and Midwifery Council and the World Academy of Nursing Science International Nursing Research Conference. Bangkok, Thailand, 2017.
Sasaki M., Tobita I., Okazaki M. et al. The reacquisition of autonomous dental care of elderly people with dementia:An experimental trial at a rehabilitation ward. Thailand Nursing and Midwifery Council and the World Academy of Nursing Science International Nursing Research Conference. Bangkok, Thailand, 2017.
Takano K., Tobita I., Kishimura A. et al. Evaluation of the educational methods for transfer assistance technique, and subjective evaluation of caregivers and care recipients. Thailand Nursing and Midwifery Council and the World Academy of Nursing Science International Nursing Research Conference. Bangkok, Thailand, 2017.
山田利惠・飛田伊都子:ICUにおける作業中断の意外な原因,病院安全教育,5(3), 111-115, 2017.
Kishiumura A., Tobita I., Yonenobu K. et al. The effects of scoring feedback and verbal praise on the acquisition of the transfer assistance: Association for Behavior Analysis International 42nd Annual Convention, Chicago, 2016.
Tobita I., Hattori A., Kishimura A. et al. The self control of exercise and oral medication management among Japanese hemodialysis patients. 45th European Dialysis and Transplant Nurses Association / European Renal Care Association International Conference, Valencia, Spain, 2016.
森脇康子・飛田伊都子・小川正子・山下哲平・河口豊:精神科病院外来における直接看護業務の実践状況:外来患者数別にみた看護業務の課題,日本精神科看護学術集会誌,59(2), 13-17, 2016.
森脇康子・飛田伊都子・小川正子・山下哲平・河口豊:精神科外来における間接看護業務の実践状況:他部門との業務分担と連携,日本精神科看護学術集会誌,59(2), 18-22, 2016.
Nicoletti C., Mueller C., Hayashi C., (Tobita I.), et al. Circadian rhythm of heart rate and physical activity in nurses during day and night shifts. European Journal of Applied Physiology 115(6): 1313–1320, 2015.
中山昌美・飛田伊都子・折田義正・高橋弘枝:ワーク・ライフ・バランス推進の先進的施設における子育て支援策の成果と課題:JCHO大阪病院の取り組みから.看護管理 25(9):807-812,2015.
Nicoletti C., Mueller C., Tobita I. et al. Trapezius muscle load, heart rate and time pressure during day and night shift in Swiss and Japanese nurses. Industrial Health, 52(3), 225-234 2014.
Tobita I., Suzuki S. et al.: A programme to encourage participation haemodialysis patients in an exercise regimen. J Ren Care 2009; 35: 48-53.
飛田伊都子・鈴木純恵他:透析中の床上運動プログラムの効果 日本腎不全看護学会誌 2009;12:43-49.