トップ > 教育・研究活動 > 教員一覧 > 戸田 満秋

戸田 満秋

戸田 満秋
准教授
戸田 満秋 Mitsuaki Toda
研究内容・メッセージ

生体材料界面での相互作用解析並びに脳血管内手術用デバイスの開発に従事した経験をもとに,医療現場で用いられている様々な材料・素材に関し安全の観点からの教育・研究に取り組んでいます。現在用いられている生体材料だけでなく、今後医療現場に導入されるであろう生体材料・複合材料について安全性の観点から議論するとともに、患者さんや医療従事者の皆さん,医療を取り巻く環境に対して「優しい医療用材料」について展望し、工学系の経験を経た教員として医療と工学の連携や技術の深化,社会実装に努力したいと考えています。


学位・資格 博士(工学)/基本情報技術者
専門領域・分野 バイオマテリアル・生体材料学、生体-材料界面相互作用、血管内治療用デバイス
担当科目 医療機器材料安全管理学特論I・II、特別演習、課題研究(修士論文作成)
リサーチマップ https://researchmap.jp/toda.mitsuaki

略歴

2000年 京都大学工学部工業化学科卒業、2002年 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻修士課程修了、2002年 京都大学 再生医科学研究所 教務補佐員、2003年 財団法人先端医療振興財団 技術員、2006年 財団法人京都高度技術研究所 研究員、2007年 京都大学再生医科学研究所 産学官連携研究員、2008年 財団法人京都高度技術研究所 研究員、2010年 京都大学博士(工学)授与、2010年 京都大学再生医科学研究所 研究員(産官学連携)、2011年 関西大学化学生命工学部 特別任用助教、2013年 福井大学大学院工学研究科 特命助教、2014年 京都大学産官学連携本部 特定専門業務職員、2015年 京都大学再生医科学研究所 特定研究員、2016年 鈴鹿医療科学大学 医用工学部臨床工学科 非常勤講師(兼任)、2018年より本学准教授


社会活動等

所属学会:高分子学会/日本バイオマテリアル学会/日本ナノメディシン交流協会
(現NPO法人)近畿バイオインダストリー振興会議研究者コーディネーター (2002年~2004年)


著書等

Kato K, Ko IK, Ishimuro T, Toda M, Arima Y, Hirata I, Iwata H. High-throughput Cytometry Using Antibody Arrays. In Tateishi T, ed. Biomaterials in Asia. Toh Tuck Link, Singapore; World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd.; 2008. pp. 506-516

主な研究業績

Toda M, Arima Y, Takiguchi H, Iwata H. Surface plasmon field-enhanced fluorescence spectroscopy apparatus with a convergent optical system for point-of-care testing. Anal Biochem 467, 47-53 (2014)
Murakami T, Arima Y, Toda M, Takiguchi H, Iwata H. Effect of dielectric spacer thickness on signal intensity of surface plasmon field-enhanced fluorescence spectroscopy. Anal Biochem 421(2), 632–639 (2012).
Hamada K, Matsushima S, Toma N, Totani T, Toda M, Ogawa S, Asakura F, Sakaida H, Iwata H, Taki W. Simple immersion of filter devices into an urokinase solution prevents fibrin net formation during carotid artery stenting. J Biomed Mater Res B Appl Biomater 95(1), 171-176 (2010).
Sano H, Toda M, Sugihara T, Uchiyama N, Hamada J, Iwata H. Coils Coated With the Cyclic Peptide SEK-1005 Accelerate Intra-aneurysmal Organization. Neurosurgery 67(4), 984-992 (2010)
Arima Y, Kawagoe M, Furuta M, Toda M, Iwata H. Effect of swelling of poly(vinyl alcohol) layers on complement activation. Biomaterials 31(27), 6926-33 (2010).
Toda M, Iwata H. Effects of Hydrophobicity and Electrostatic Charge on Complement Activation by Amino Groups. ACS Appl Mater Interfaces 2(4), 1107-13 (2010).
Toda M, Arima Y, Iwata H. Complement activation on degraded polyethylene glycol-covered surface. Acta Biomater. 6(7), 2642-2649 (2010).
Arima Y; Kawagoe M, Toda M, Iwata H. Complement Activation by Polymers Carrying Hydroxyl Groups. ACS Appl. Mater. Interfaces 1(10), 2400-2407 (2009)
Kuraishi K, Iwata H, Nakano S, Kubota S, Tonami H, Toda M, Toma N, Matsushima S, Hamada K, Ogawa S, Taki W. Development of nano-fiber covered stents using electrospinning. -In vitro and acute phase in vivo experiments-. J. Biomed. Mater. Res. B Appl. Biomater. 88B(1), 230-239 (2009)
Arima Y, Toda M, Iwata H. Complement Activation on Surfaces Modified with Ethylene Glycol Units. Biomaterials 29(5), 551-560 (2008)
Toda M, Kitazawa T, Hirata I, Hirano Y, Iwata H. Complement Activation on Surfaces Carrying Amino Groups Studied by Surface Plasmon Resonance. Biomaterials 29(4), 407-417 (2008).
Kato K, Toda M, Iwata H. Antibody arrays for quantitative immunophenotyping. Biomaterials 28, 1289-1297 (2007).
Ohyama T, Nishide T, Iwata H, Sato H, Toda M, Toma N, Taki W. Immobilization of basic fibroblast growth factor on a platinum microcoil to enhance tissue organization in intracranial aneurysms. J. Neurosurg. 102, 109-115 (2005).
Ohyama T, Nishide T, Iwata H, Sato H, Toda M, Taki W. Vascular endothelial growth factor immobilized on platinum microcoils for the treatment of intracranial aneurysms: experimental rat model study. Neurol. Med. Chir. (Tokyo) 44, 279-285 (2004).
Hirata I, Hioki Y, Toda M, Kitazawa T, Murakami Y, Kitano E, Kitamura H, Ikada Y, Iwata H. Deposition of complement protein C3b on mixed self-assembled monolayers carrying surface hydroxyl and methyl groups studied by surface plasmon resonance. J. Biomed. Mater. Res. A 66, 669-676 (2003).